ウーマン

心配しなくても大丈夫な火災保険の選び方とは

公的支援を知る

ハート

うつ病が社会的に認知される様になってから、うつ病患者向けのホームページの開設が進んでいきました。これらのページではうつ病患者が受けられる公的支援について纏めてあり、色々調べる負担を軽減出来ます。公的支援は健康保険の傷病手当金と自立支援医療が特に大きいので、申請しておくと安心して治療に専念出来ます。

もっと見る

自動車を安心して運転する

駐車場

自動車を運転する場合には保険に入っていることが大切ですが、友人の自動車や家族の自動車を運転する場合には運転者に制限があることがあります。そんな場合でも、1日500円から、コンビニで簡単に自動車保険に加入することができます。

もっと見る

人生におけるお金のプロ

相談

宮崎県の死亡原因のトップは悪性新生物です。また、健康診断の受診率は全国41位ですが、がん検診は全国平均を上回る受診率です。これらを踏まえた保険の見直しには、人生におけるお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談されることをおすすめします。

もっと見る

期間と補償内容が重要です

つみ木

保険期間を長期化します

火災保険の保険期間は最長で10年です。以前は36年までの長期契約が可能でしたが、今では最長10年になっています。火災保険の通常の保険期間は1年ですので、毎年更新している場合が多いです。しかし、保険期間を5年にすると保険料は1年契約と比較すると約4年半分になります。また、保険期間を10年にすると保険料は1年契約と比較すると約8年半分になります。保険期間を長期にすると保険料の一時的な負担は増加しますが、長期的に見ると保険料が割安になるのです。仮に、不動産を売却して長期の火災保険を解約することになっても、保険料は月割りで戻ってきますので心配無用です。なお、この仕組みは全ての保険会社に共通になっています。

補償範囲が拡大中

火災保険は建物が火災に罹災した場合に保険金が支払われる損害保険契約であることに間違いありませんが、それ以外にも様々な事故に備えることができます。大雪、台風などによる大風、竜巻、雹などによる建物の損傷にも備えられます。注意したいのは水害の補償の有無です。契約内容によって水害の補償がある場合とない場合があります。水害の補償がなければ保険料は安くなります。高台にある建物やマンションの高層階では水害の補償は不要です。しかし、それ以外の建物は河川の氾濫などによる広範囲の水害に備えるために補償を備えた火災保険に加入することが得策です。補償対象を建物だけにするのではなく、家財も対象にすることも重要です。火災や水災の場合には家財も損害を受けます。