公的支援を知る|心配しなくても大丈夫な火災保険の選び方とは
メンズ

心配しなくても大丈夫な火災保険の選び方とは

公的支援を知る

ハート

調べる負担を軽減

近年、うつ病が社会的に認知されるようになってから、うつ病患者向けのホームページが次々と開設されてきました。これらのサイトがよく使われる理由は保険や受けられる公的支援について分かりやすく纏めてあるという点です。うつ病患者は何をするにもやる気が起こらず、倦怠感が常にある人が多いです。その為、うつ病患者にとって多くの事を自分で調べる事自体が苦痛であり、本来受けられるはずの公的支援を受けられない場合が多いです。健康保険の傷病手当金や自立支援医療といった一定の手続きが必要なものに対して、これらのサイトでは必要な書類や受給要件・資格などを分かりやすく纏めている為、うつ病患者が自分で調べるといった負担を大幅に軽減してくれています。

多くの公的支援

うつ病で仕事を休職する際に特に知っておきたいのが、健康保険の傷病手当金です。病気や怪我などで働けなくなった時に最長1年6ヶ月受け取る事が可能です。金額は標準報酬日額の3分の2ですが、治療を続けながら生活していく人にとっては大変助かる制度です。会社を通じて保険組合に申請をしますが、この制度も知っているのと知らないのでは受給期間に差が出たりします。また、自立支援医療では精神医療通院の負担が大幅に減らせます。通常自己負担3割のところ、1割負担となるだけでなく、所得に応じて医療費の月額の上限が設けられ、それ以上請求される事がありません。この制度は各市役所・役場へ申請する必要があります。これらの制度を知っておく事でお金の事を心配せずうつ病の治療に専念する事が出来ます。また、民間の任意保険を利用する方法もあります。最近はインターネットから保険会社と契約を結ぶことができるので、忙しい方はそれを利用してみるのもいいでしょう。保険会社のサイトに必要事項を入力して自分の情報を送信します。その後審査が通れば晴れて保険に入ることができるのです。画面上だと不安に感じる方は、外交員を通して対面式の契約を結ぶといいでしょう。